日常に伝統がある暮らし

家での時間が好きだから、暮らしをワクワクさせてくれるもの、大事にしたいことを記録する。

子供の味覚に驚く。

子供は美味しい野菜を見分ける天才かもしれない。

スーパーで買った野菜で作った味噌汁は口に入れても“ペッ”て吐き出すの。

ところかまわず吐き出して床に落としたりするからときどきイラっとしたりする。

 

でもね、実家から送られてきた野菜で作った味噌汁はなぜか大きな口をあけて食べるの。

変えたのは野菜だけ。

 

なぜ?

 

無農薬の野菜を食べてる人は味を見分けるのが得意って言うよね。

それと同じようなものなのかな。

 

本能で何かわかるのかな。

 

実際に実家から送られてくる野菜は柔らかいし美味しい。

きゅうりは特に差がでる気がする。

 

こうやって、野菜を作ってくれる人がいて、その野菜を食べれる環境が贅沢だと思う。

自分で食べる分の野菜を自宅の庭で収穫できて、多くとれたものはご近所へ。

違う種類の野菜を作っていたらお返しがきたり。

私はそんな暮らしがやっぱり羨ましい。

 

 

 

そろそろ、体の改造計画。

私はわたしだから大丈夫。

このままでいい。

自信を持っていればいい。

 

そんな風に自分のコンプレックスに目をそむけていた。

 

でも、そろそろ身長:152㎝ 体重:50キロのぽっちゃり体系を改善した方がいいなと思っている。

 

ダイエット本はたくさんあるけれど・・・なにから手をつけたらいいのかな?

 

食事か運動か体質か・・・

 

どれも大事だから全部やってみるか。

 

まずは、便秘体質から改善しよう。

毎日出ないのはあたり前。

バナナ便?最後に見たのはいつかしら?という状況。

どんなに食事量を管理したって、運動したって摂取した排せつ物が体外にだせないんじゃ体に良くないよね。

まずは自分自身の身体の中を綺麗にしよう。

体のめぐりがよくなれば、食事管理や運動の効果は格段にあがりでしょ。

 

でも、毎日野菜を摂って、味噌汁飲んで、納豆食べて、ヨーグルト食べてるのに便秘が治らない私の身体はどうなってるの?

腸内環境が悪いのか、腸の動きが鈍いのか、体が歪んで便秘を引き起こしやすくしているのかさっぱりわからない。

 

とりあえず、試してみないとわからないかしら。

 

まず、食事に水キムチをプラス。

普通のキムチに比べて植物性乳酸菌が何倍も多く、程良い酸味で食べやすい。

 

そして、寝る前にオリーブオイルをスプーン1杯

 

そして、寝起きに1杯の水。

 

ときどき、食後に水だし緑茶を飲む。

 

 

このぐらいなら毎日続けられるかな。

まずは1カ月。がんばろう。

ワンプレート始めてみました。

仕事から帰宅して食事作り、食べたら洗い物・・・

と休む暇なく動いているともう少しのんびり過ごしたいなと思ってしまう私です。

 

それならば、何を削るか。

 

食事づくりはもともと質素で一汁一菜を基本に考えているのでこれ以上は削れない。

食事はのんびり会話をしながら過ごしたい。

それならば、食器洗いの時間を削るしかないかなと考えました。

 

どうやって時間を作ろうか・・・。

 

ご飯茶椀、味噌汁椀、主菜、副菜、サラダなどとあるとこれだけで5種類の洗い物が発生してしまう。

そこで、できるだけ食器を減らそうと言うことでワンプレートを始めてみました。

 

ご飯、主催、副菜と種類によってはサラダもプレートにのせることができるので、3~4つあった食器を1つにまとめることができました。

 

また、ワンプレートの良い所は、一目で食事のバランスが見れること、彩りを気にするようになることではないかと思います。

 

私の場合、バラバラの器にのせていると、色合いを気にするのが後回しになり食卓に並べてみたら、なんだか同系色が並んでいる・・・ということもしばしば。

 

ワンプレートにのせると一目でわかるので、

「あ!今日は緑物が少ない」や「赤系の色をプラスしよう」と料理の構成も楽しくなります。

 

洗い物が減るうえに、料理の献立を考えるのも楽しくなりワンプレートも良いかも。

子供も、プレートを綺麗にするという達成感が得られているようで、以前に比べて食べるスピードも速くなり食事ストレスの軽減になっています。

 

石鹸洗濯は溶かしこみが大事。

私が石鹸洗濯を始めてから数年経ちますが、石鹸カスが残っていたり、溶けのこしが洋服についていたりと、夫からは批判が多く挫折を繰り返す日々。

 

溶けのこしがあるがために洗濯槽のカビも増やしてしまったり、洗濯機がダメなら手洗いだ!と人力で洗濯をしたことがありました。

手洗いも悪くはありませんが、やっぱり時間が・・・

 

なので、日々の洗濯は酸素系漂白剤を使ったアルカリ洗濯でたいおう。

しかし、アルカリ洗濯をずーっと続けるとやはりさっぱり綺麗には落ちていないようで白いシャツが黒ずみや、柄物の色あせが目につきます。

 

そのたびに私は、石鹸ならば綺麗に汚れを落としてくれるのではないか!と石鹸洗濯を諦められません。

 

私がこれまで行っていた洗濯方法を

 

低水量の水で石鹸粉を撹拌。溶かしこみが終了したら、洗濯物を入れて洗濯。

という方法でした。

低水量の撹拌での溶かしこみが不十分ならば、先に石鹸を溶かしてしまおうと言うことで、

1、洗濯機を低水量設定で洗濯スタート。

2、石鹸粉と水を鍋にいれ、火にかけて溶かしこみ。

3、ときどき鍋をかきまぜて、溶けのこしが無いように注意する。

4、石鹸粉が溶けたら、洗濯機にいれて撹拌させる。

5、撹拌が終了したら、洗濯物をいれて洗濯スタート!

 

とこのような感じで洗濯したところ、夫からの苦情はありませんでした!

 

やはり、粉をしっかりと溶かすことが重要なのかな。

 

旅行に風呂敷。

家族で旅行に行く時はなるべく荷物を減らしたいので鞄は1つで行くことが多いですよね。

そんな時、全員分の荷物がゴチャっとしていると、ストレスじゃありませんか?

それに、行く時は鞄の中に入っても帰りはなぜかパンパン。

こんなことありませんか?

 

風呂敷があれば、それぞれの荷物をまとめられて自分の持ち物を探すストレスが軽減。入浴セット等を風呂敷にセットしておけばスムーズに入浴ができて、「あ!かばんに忘れてきた。」なんてことも無くなるのでは?

 

帰りは汚れものを風呂敷に包んだり、お土産を風呂敷にまとめたりと大活躍。

 

1枚の布でもとっても役立つから、私は旅行に風呂敷をオススメします!

突然の雨。かばんにあると便利なもの。

天気が不安定な時は、突然雨に降られるということがありますよね。

外出前に天気予報を確認していれば対処できると思いますが、バタバタと外出してしまう私は外出時に雨が降っていないとすっかり傘を持っていくのを忘れます。

 

なので、帰りは土砂降り。

「なんてこった!」っということが続いております。

 

自転車で移動しているので傘を買っても意味がないし、時々しか使わないレインコートを買うのもちょっと・・・

 

そんなことってありませんか?

 

そんな時、かばんにあると便利な物。

 

それは、超撥水の風呂敷です!

できれば100センチ程の大きな風呂敷があると便利ですね。

買い物のエコバックにも使えますし日常使いにはピッタリかなと思っています。

 

私はその風呂敷を首に巻いてマントの様にして、背負っているリュックもカバーするように適当な場所で縛りレインコートの様にして対処しました!

 

顔とズボンは濡れますが、何もしないまま雨の中を走るよりは良かったですね。

他にも、超撥水風呂敷ならば、鞄の雨除けカバーにもなりますし、濡れた傘を包むこともできます。

汚れても洗濯ができるところが良いですよ!

 

1枚の布なのに色々な場面で活躍できるのでとってもオススメ!

季節によって柄を変えてみたり、楽しみが広がりそう。

スカイファームで野菜の収穫!

夏は色とりどりの野菜が収穫できて良い季節ですよね。

ギラギラとした日差しに「やめてくれ」とグッタリすることもありますが

そんな時は日陰を作ってくれる綺麗な緑色をした木が綺麗に見えます。

 

自然って上手にできているな~と感心します。

 

自然の知恵を取り入れた生活を作り上げてきた先人達は素晴らしいですね。

私はその智慧をどれだけ受け継げているだろう。

 

自然にも暮らしにも優しい生活の智慧を子供にも伝えたい。

まずは私から。

そんな気持ちから参加したスカイファームクラブ。

 

毎日野菜を食べていて身近なはずなのに知らない事ばかり。

野菜はどんな花をつけるのか。

野菜はどんな風に成長するのか。

どの時期にどんな野菜がとれるのか。

土に種をまき、水を与えれば美味しい野菜ができるわけではない。

どんな風に育てるかも大切。美味しい野菜を作るのは難しい。

 

スカイファームクラブに参加して学んだことは野菜作りや自然だけじゃない。

 

今度は何が収穫できるかな。

f:id:furosikidaisuki:20170724012427j:plain