日常に伝統がある暮らし

家での時間が好きだから、暮らしをワクワクさせてくれるもの、大事にしたいことを記録する。

作ることで見えてきた。私の好きなこと。

作るって楽しい。 私の人生の中で何度か湧きあがる創作意欲。 今回は、子供服を作ってみたいなと思い立ち、手ぬぐいズボンに始まり、 大人の古着からリメイクをしてみたり、子供服の型紙を購入して 作ってみたりと挑戦を続けています。 不器用なので、家の中…

スーパーで買い物をしているとき、 道を歩いているとき、 空を見上げた時、 季節によって店頭にならぶ野菜や草花、雲の形など変化が目につきますよね。 日本には四季があって、季節の変化を感じやすいはずなのに、天気予報やニュースで季節の移ろいを知るこ…

暮らしのなかでできること。

時間が無い。 家事短縮のためにはどうするか。 料理は外に頼ろう。 共働きにはあるあるの悩みのように感じる。 家庭の仕事はどんどん何かに依存できる時代。 もうすでに、掃除や食器洗い、洗濯は機械が処理してくれる。 水周りの掃除だって業者に頼むことが…

箸置きを使うことで、食事のストレスが軽減。

食事の時間を楽しむためにはどうしたらいいの? 育児の中で食事の時間はボロボロこぼすごはん。だらだらとお箸が進まない時間。 姿勢の悪さ、好き嫌い・・・ バタバタと帰宅して、食事を準備して、やっとゆっくりできるー!と思ったら、 娘のわがままが量産…

どんな暮らしをつくろうか。

家事の時間を短縮するために便利な物がでてきている世の中なのに、 なぜ私は時間をかけて家事をしているんだろう。 頼ることが嫌というわけではないけど、 頼ることで、暮らす技術を忘れていくのももったいない。 石鹸を使わなくなったら、石鹸の良さを忘れ…

夫が落ち込んでいる。

育児は謎だらけ。 だから楽しいという部分もあるけれど、これでいいのか?と不安に思うことの方が多い。 子供に質問をしたところで正確な答えは返ってこない。 本人の気持ちは親にもさっぱりわからない。 なぜ、娘は夫とのお風呂を拒否するのか。 「パパとの…

子供の味覚に驚く。

子供は美味しい野菜を見分ける天才かもしれない。 スーパーで買った野菜で作った味噌汁は口に入れても“ペッ”て吐き出すの。 ところかまわず吐き出して床に落としたりするからときどきイラっとしたりする。 でもね、実家から送られてきた野菜で作った味噌汁は…

そろそろ、体の改造計画。

私はわたしだから大丈夫。 このままでいい。 自信を持っていればいい。 そんな風に自分のコンプレックスに目をそむけていた。 でも、そろそろ身長:152㎝ 体重:50キロのぽっちゃり体系を改善した方がいいなと思っている。 ダイエット本はたくさんあるけれど…

ワンプレート始めてみました。

仕事から帰宅して食事作り、食べたら洗い物・・・ と休む暇なく動いているともう少しのんびり過ごしたいなと思ってしまう私です。 それならば、何を削るか。 食事づくりはもともと質素で一汁一菜を基本に考えているのでこれ以上は削れない。 食事はのんびり…

石鹸洗濯は溶かしこみが大事。

私が石鹸洗濯を始めてから数年経ちますが、石鹸カスが残っていたり、溶けのこしが洋服についていたりと、夫からは批判が多く挫折を繰り返す日々。 溶けのこしがあるがために洗濯槽のカビも増やしてしまったり、洗濯機がダメなら手洗いだ!と人力で洗濯をした…

旅行に風呂敷。

家族で旅行に行く時はなるべく荷物を減らしたいので鞄は1つで行くことが多いですよね。 そんな時、全員分の荷物がゴチャっとしていると、ストレスじゃありませんか? それに、行く時は鞄の中に入っても帰りはなぜかパンパン。 こんなことありませんか? 風…

突然の雨。かばんにあると便利なもの。

天気が不安定な時は、突然雨に降られるということがありますよね。 外出前に天気予報を確認していれば対処できると思いますが、バタバタと外出してしまう私は外出時に雨が降っていないとすっかり傘を持っていくのを忘れます。 なので、帰りは土砂降り。 「な…

スカイファームで野菜の収穫!

夏は色とりどりの野菜が収穫できて良い季節ですよね。 ギラギラとした日差しに「やめてくれ」とグッタリすることもありますが そんな時は日陰を作ってくれる綺麗な緑色をした木が綺麗に見えます。 自然って上手にできているな~と感心します。 自然の知恵を取…

そろそろかな。

去年の秋の終わりころ人生初の味噌作りをした。 春頃にはうっすらと色を増して成長した姿を見せてくれた。 暑い夏を迎え、久しぶりに様子をみると 急成長して熟成度をあげていた。 樽からは味噌らしく成長した香りがしていた。 しかし、まだ我慢して見守って…

ずっと考えていたプレゼント。

株式会社 和えるのブランドを知ってからずっと決めていた。 娘が成長してその時がきたら渡してあげようと思っていた物。 「宮崎県から 桜の木のはさみ」 プレゼントをみてとても喜んでいた。 ちょきちょきと切る感覚が楽しいのか、「もういっかいやる」とは…

今日の収穫はなんでしょう。

日差しが照りつけてじりじりと暑い1日でしたね。 帽子を被っていないと肌が痛くなるほどでした。 そんな今週も野菜の収穫に行ってきました。 さて、この花の野菜はなんでしょう。 野菜の花って見かけることが少なくて葉っぱをみても花をみてもわからないこ…

実家からとうもろこしが届いたよ。ありがとう。

実家から送られてくるあまーいとうもろこしが今年もきました! お店で購入する時には野菜がどんな風に作られたのかなかなかわかりませんよね。 でも、実家のとうもろこしは作ってる人も、作っている環境もわかっていて安心できるし何より美味しい! 私が毎年…

土に触れるのは気持ちいい。

蒸し暑い日が続いていますね。 もう少しカラッとしてくれると良いですね。 夏野菜はどんどんと成長しているようで最近、野菜の収穫体験を行っている場所が増えてきたように感じます。 収穫体験が目にとまって、時間がある場合には参加する私です。 先週はト…

たわしで食器洗いを始めました。

たわしってどんなイメージですか? 私は、ごわごわして固いもの。上履きを洗うものと言う印象でした。 でもね、違うんですよ。 職人さんが作った棕櫚たわし、ぜひ触ってみて欲しい。 私ビックリしましたよ。 「あれ!たわしが気持ちいい」 これは実際に触っ…

アウトドアではないけれどアウトドア用品が好き。

毎日蒸し暑い日が続いていますね。 朝起きて、掃除をすると汗でびっしょり。 朝からお風呂に入りたくなります。 でも私、暑いのは嫌いではありません。 暑い日に熱い物を食べたり、辛い物を食べたり、体を動かしてかく汗は結構好きなんです。なので、暑いな~…

いたずらされるストレスから解放されるために、不要な物は捨てました。

子供っていたずらが大好きですよね? いたずらをした時の悪い笑顔が可愛いなと思ってしまうこともありますが、荒らされた物を片付けるのって意外と時間がかかって時間が奪われる。 疲れている時なんかは「やめてよ~!」と強めの口調で言ってしまうことも・・…

私がいらだつ理由は、伝わらないさみしさだ。

夫婦ってなんでしょう。 家族ってなんでしょう。 夫に対して苛立ちを感じるたびに考えます。 お互いを思い、理解しようと距離を縮め、家庭を作ろうと思ったはずがいつから考えがズレてしまったんだろう。 私は母を尊敬している。 私の母は私が小学生の頃から…

ズッキーニのぬか漬け

夏野菜が店頭に並ぶようになりましたね。 ここ数年でお気に入りになったズッキーニ。 きゅうりの様ですし、ぬか漬けに良いのでは試してみました。 個人的には焼いて食べるよりぬか漬けの方がが好きです。 程良い食感に酸味と塩気。ポリポリとお箸が進みます…

ワクワクする時間ってどんな時。

ワクワク、ドキドキ感じる時間ってどんな時ですか? あまり意識していないかたも多いのではないでしょうか? 旅行に出かけた時? 高級レストランに出かけた時? 好みの洋服に出会えたとき? 注文した商品が届いたとき? 私はどんな時にワクワクを感じている…

テレビよりラジオがいいかも。

テレビが好き。 帰宅するとなんとなーくつけちゃったりする。 興味もない番組もなんとなーく観ちゃう。 そうすると、興味がない番組でも途中まで観ちゃうと「気になる・・・」ってなって手がとまったりするの。 そういうことないかな? 面白くないのに何とな…

洗剤の発展はすごい。でも、洗いすぎ?

1日着た洋服はどれくらい汚れているの? 洗濯機のカビに悩まされてから、洗濯する意味や洗濯方法、洗濯の変遷などそんなことを考えた。 なんでこんなにも毎日洗浄力の強い洗剤で洗濯しているんだろう。 洋服に油汚れがついたわけでもなく、泥だけにしたわけ…

便利な時代に退化する暮らし。パート2

洗濯機ってどこまで信用できますか? 洗濯槽の掃除をしても、槽の裏側がどれだけ綺麗になったかわからない。 洗濯機の容量に反して大量の洗濯物を入れた場合どれだけ洗えているのかな? 洋服に洗剤が溶け残った場合身体にどんな影響を与えるのだろう。 我が…

便利な時代に退化する暮らし。

毎日忙しくて時間がかかるものは便利に頼る! そんな風に考えて、家事ストレスからの解放と時間確保のために食洗器を導入。 ササッと汚れを落として洗剤入れて、ガチャン、ピッ! 洗う時間が省けるうえに、手も荒れない。なんて便利なの~!って感動したなぁ…

洋服の収納も風呂敷でいいかも。

洋服の収納ってどうしてますか? 以前の私は季節ごとに洋服を入れ替えるほど着るか着ないかわからない洋服を沢山持っていたけど、管理するのも入れ替えるのも面倒で、洋服があるのに着る洋服が無いという悩みから解放されたくてクローゼットに収まるだけの量…

作りだせるということが自信につながる。

いつからか漠然とだけれど何かを作りだしたいと思っていた。 なんでだろう? 私が過ごした時間は欲しいものはある程度購入できた時代だった? 夏休みの感想文は書き方がわからなくていつもあらすじを写し、ポスターもあたりさわりのない絵を描い表現する練習…