読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発酵記録ときどき風呂敷

美味しい野菜、発酵パワーで体の内側から綺麗を目指す。

タオル改革模索中...

手ぬぐいの良さをしってから、自宅のタオルをすべて手ぬぐいに変えられないだろうかと模索中です。

バスタオルに関しては、手ぬぐいを縫い合わせればOKだし、もしくはタオルではなく白雪ふきんのシリーズでバスタオルが販売されているのでそれに変えようか...

 

なぜ変えたいのか。

タオルはかさばり乾きにくい。梅雨時期にはカビが生えやすくタオルの表面のテンション?ふわふわ部分があると見えにくく衛生面がどうなの?と疑問を持ち始めたため。

 

手ぬぐいや、ガーゼであれば生地も薄く乾きやすい。薄いけれど吸水性はある。汚れがついても酸素系漂白剤でガシガシ洗濯できる。

タオルで使い果たしたら雑巾にできる。

 

そんなことを考えていたら、タオルじゃなくても生活できそうと思ってしまった。

 

実際に我が家にはタオルとガーゼ手ぬぐいがあり、タオルは入浴時や手拭きとし利用している。ガーゼ手ぬぐいは食器を拭いたりと主に台所で利用している。

手ぬぐいは洗濯しても固くなることはないが、タオルは固く、顔を拭くと痛い時がある。

 

ハンカチで考えた時も、タオルはふわふわしていてよいがかさばってポケットに入れにくい。吸水性は良いが気持ちよさは手ぬぐいかな。

なにより手ぬぐいは洗濯を繰り返しても柔らかいというのが1番かもしれない。

 

よし!

半年ごとに2枚程度タオルの入れかえを行っていこう。