日常に伝統がある暮らし

家での時間が好きだから、暮らしをワクワクさせてくれるもの、大事にしたいことを記録する。

水キムチ

発酵生活をするようになってから気になっていた食べ物の1つです。

 

水キムチ?

 

どんな食べ物なのか最初は分かりませんでした。

 

野菜と果物が入っていて液体の透明に漬かっている。甘いの?すっぱいの?

と疑問だらけ。

1つ前の記事で書いたそうめんと果物は食べていましたが、果物と野菜ってどうなの?ちょっとまずそう...と疑いがありました。

 

調べてみると、

 

水、上新粉、塩、お酢、果物、野菜、ニンニク、生姜が水キムチの基本です。

水キムチに含まれる植物性乳酸菌はぬか漬けなどよりも何倍も多く、腸内環境の改善に役立ち体と肌によい影響を与えてくれます。

 

キムチを多く消費する私たちですが、販売されているキムチの中には発酵していないものが多いという生地を読んだことがあるので、水キムチならば自宅で簡単に作れるなとずっと思っていはいましたが、ちょっぴり面倒で・・・(*_*;

 

やっと...やっと...重い腰をあげて水キムチを作りました!

 

原理さえ合っていれば発酵は何とかなる!と思っているところがあるので、

米のとぎ汁に塩を加えて溶かし、塩でもんで水を切ったキャベツと人参をいれて、トマトを投入。果物はキウイを加えて最後にお酢。正直、お酢の存在を忘れていたので、途中で思い出し慌てて上からタラ~っとまわしかけて終了。

あってるのかな?ニンニクとショウガ入れるの忘れたけれど、まぁ大丈夫かな?

冷蔵庫に保管して1週間頃が食べ頃と書かれていたような?

 

適当だけど、美味しく出来上がりますように。