日常に伝統がある暮らし

家での時間が好きだから、暮らしをワクワクさせてくれるもの、大事にしたいことを記録する。

醤油諸味の櫂入れ~幸せタイム~

久しぶりに醤油諸味の櫂入れをしました。

蒸し暑い夏にも耐え元気に発酵中です。

カビが生えるかな~とドキドキしていましたが何事もなく美味しそうな匂いを醸しています。しぼるのが待ち遠しい!

 

実際に作ってみて、調味料や食材、生産者の見方が変わってきたなと感じます。

 

現在販売されている醤油は種類が豊富で、本物を見分けるのが大変なほど陳列されています。原材料をみてもどれがいいの?ラベルに表示されているものは何が違うの?と疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。

ちなみに、私の母も何を買ったらいいの?と聞いてきます...

 

醤油はさまざまな種類と製造工程があるので、今日は「濃口醤油」にしぼって話をしようと思います。

醤油の原料はは大豆・麦・塩。

適度な櫂入れと発酵で美味しい醤油が出来上がります。最初は2日に1回程度の櫂入れが1ヶ月後には月2回程度に変わります。

発酵を促すには櫂入れのしすぎもダメということでしょうか。

 

醤油には製造方法が3種類あります。

本醸造

・混合方式

・混合醸造方式

流通されて商品のほとんどが本醸造で作られた製品だと思われます。

ラベルを見る際には本醸造と記載のある醤油を選ぶのが良いのではないでしょうか。

 

そして、

 

丸大豆か脱脂加工大豆か・・・

丸大豆は大豆をそのまま、脱脂加工大豆は大豆からあらかじめ油を取り除いたものです。

油分が抜けている分丸大豆と脱脂加工大豆では香りが違うと聞いたことがあります。

 

そういったポイントだけでも把握して、醤油を選んでみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

自家製の生揚げ醤油で

諸味がメイラード反応をおこして薄茶からこげ茶に変化していま