日常に伝統がある暮らし

家での時間が好きだから、暮らしをワクワクさせてくれるもの、大事にしたいことを記録する。

東京江戸ウィークで江戸切子体験してきました。

伝統工芸品に興味を持ち、工芸品展に足を運び、ずーっとずーっとやりたかった切子体験。

ついに!願いが叶いました。

 

江戸切子協同組合様が出展していて、江戸切子に魅了され、そして体験までできた1日。幸せ。

そして、出展ブースには伝統工芸士の根本さんもいてお話することができました。

感激です。

 

夜は自分でカットしたお皿でサラダを食べるという贅沢。

 

きっと究極の豊かさ、幸せはそういうことなのかもしれない。

 

誰かの手で作られた食器や調理道具、雑貨、洋服。

作り手の思いを感じながら日々生活できるってやっぱり幸せだと思う。

職人の思いを知り、納得して商品を購入。

飾って愛でるのではなく、日々の生活の中にあることが職人さんにとっても私たちにとってもいいことなんだと思う。

物を大切にする気持ち。相手を作り手を思う気持ち。そういった視点を持って育児もしていきたいな・・・。

 

そんな幸せな日は、自家製もろみの櫂入れをして寝ることにしよう。