日常に伝統がある暮らし

家での時間が好きだから、暮らしをワクワクさせてくれるもの、大事にしたいことを記録する。

いまさら2016年を振り返る。

続きは明日と書きつつ長いこと書いていなかった。

 

2016年は発見と吸収の1年だったかな。

 

日本の伝統と出会い、発酵と出会い、セミナー参加と実践。これまでの人生の中で積極的に動いた1年じゃないかなと思う。

 

ここまで積極的に動けたのはやっぱり「好きだ」と思ったから。

 

食文化の不思議は知れば知るほど神秘的で、続けることで体が変わっていくのが嬉しくて仕方がない。

微生物についてもっと知りたくなって、セミナーに参加して、ますます興味を持って農業体験にまでいってしまった。

自然との共存を体感して先人達の智慧の素晴らしさを改めて感じた。

「共存と観察」

日本の伝統文化の発展は、先人の共存と観察力があったからだと思う。

 

築き上げてきた智慧を絶やしてしまっていいのだろうか。

そんなことを考えるようになった。

 

 

話は変わって、私はエコバックではなく風呂敷を使っている。

むしろ、なんで風呂敷使わないんだろうと疑問。

縛り方さえ覚えれば風呂敷のサイズに合うものは大抵のものは包める。

最近の風呂敷はデザインも豊富で機能が良い。

超撥水風呂敷は災害時にも活躍するだろう。

 

 

他にも色々と吸収は多かったけれどここまで。

 

 

今年はどんな1年にしよう...

 

もっと自分の好きを突き詰めて、沢山発信できるように継続しよう...かな。