日常に伝統がある暮らし

家での時間が好きだから、暮らしをワクワクさせてくれるもの、大事にしたいことを記録する。

いたずらされるストレスから解放されるために、不要な物は捨てました。

子供っていたずらが大好きですよね?

いたずらをした時の悪い笑顔が可愛いなと思ってしまうこともありますが、荒らされた物を片付けるのって意外と時間がかかって時間が奪われる。

 

疲れている時なんかは「やめてよ~!」と強めの口調で言ってしまうことも・・・

子供は遊んで欲しいだけなんですよね。

遊んでくれたり、怒られたり親の気分で態度が変わるのって子供からしたら混乱しそうですよね。

「昨日はよかったのに今日はなんで怒るの?」ってね。

 

最近娘は私の口調を真似します。

「〇〇〇でしょ!」

「怒るよ!」

などなど・・・

 

イライラした様子の娘をみて、そんなにプンプン怒ってると友達に嫌われるんじゃない?と話をしていて、ハッと我にかえりました。

「その態度は私を真似しているのかな・・・?」

 

そうですよね。子供が真似をする対象って親だよね。

毎日起こってばかりだったんだなと今更ながら反省しました。

 

なので、少しでもストレスを軽減するために家の中にある不要な物、子供の目について遊ばれそうなものはできる限り処分しました。

 

1年以上使っていないもの、未練が無いものは捨てると決めると案外あっさり決められるものですね。

 

荷物が減ることでスペースが空いて片づけが容易になります。

今度はおもちゃを子供と楽しく片づける方法を考えていこうかな。