日常に伝統がある暮らし

家での時間が好きだから、暮らしをワクワクさせてくれるもの、大事にしたいことを記録する。

時間は有限。

子供を保育園に送った後の駅までの道のりで後悔することがある。

 

 

「はやく起きて!」

「はやくご飯食べて!」

「はやく着替えて」

「はやく準備して」

「いい加減にして!」

 

私はどうしてこんなにも娘を急かしているのだろう。

はやくはやくと急かして私は何をしたいのだろう。

これでいいのだろうか・・・と

 

 

娘は朝から「はやく、はやく」と急かされてどんな気持ちになっているんだろう。

 

“はやく” “時間が無い”

そんな言葉を発している自分を振り返ると、ミヒャエル・エンデの『モモ』を思い出す。

 

私の時間は、大切にしたいと思う人に使えているだろうか。

 

 

後悔するくらいなら、時間を作ろう。