日常に伝統がある暮らし

家での時間が好きだから、暮らしをワクワクさせてくれるもの、大事にしたいことを記録する。

目黒雅叙園 いけばな×百段階段

先日先輩に誘われて花展にいってきました。

いけばなって上流階級のひとがするものでしょ?ぐらいな

感覚でしたがいけばなの事を調べ、実際に作品を

見て、いけばなはもっと身近なものだったんだな

と気付かされました。

もちろん、流派や立花、生花と理解できていない

部分が大半でしたが、植物の生命力や花の見せ方、

四季、日本人の美意識が詰まった伝統文化なんですね。

色の組み合わせやバランス、季節の花、床の間に

飾った際の見え方など細かいところまで意識されて

いていけばなって奥が深い!

昔、「もっと周りに目をむけなさい」と母から言われたことを

思い出しました。春になったら桜やたんぽぽ、

梅雨には紫陽花、夏には朝顔、秋には紅葉、

冬にはつばきなど他にもいっぱいありますが

自然と共に生きていればあたり前の様に

知れることが、今では知ろうとしないと

気がつかないし出会えないんですね。

心の豊かさってそういう所なんだろうな~。

花展に行って四季のある日本に生れて幸せだな

と思いました。