日常に伝統がある暮らし

家での時間が好きだから、暮らしをワクワクさせてくれるもの、大事にしたいことを記録する。

発酵でめざせズボラ主婦!

こんにちは。

明日から本格的に梅雨になりそうですね。

月曜日からの大雨は気分もどんよりです...

 

今日は夕方のスーパーで割引になっていた魚を西京味噌に漬け、同じく割引になっていたイカを塩麹に漬け、きゅうりを塩糀ととうがらしに漬け、人参を糠に漬ける作業をしました。

イカは醤油麹に漬けても美味しかったです!

賞味期限が近いので味噌や塩に漬けてしまえば少々期限が過ぎても大丈夫かな?

最近はいろんな食材を漬けすぎてどれがいつ漬けたのかの管理が難しくなってきたので

日にちの記載が必要ですね。

あんまり長く漬けすぎるとタンパク質やデンプン質が分解されて身がトロトロになってしまって逆に美味しくないようです。その問題を解決するためには、適度に漬けるか、麹菌の発酵を止めるかでしょうか。

 

なぜここまで発酵にハマっているかというと、便利だからです!

漬けるだけで下味がつくので後は焼くか蒸すか煮るかなので

料理の手間がグン!と減ります。

私はつくり置きより便利なんじゃないかと思っています。

だって...作り置きっていつのタイミング?無くなるまで毎日食卓に出てくるんでしょ。

それなら麹で下味つければちゃちゃっとできるし、作れるメニューも豊富で

身もやわらかいといいことばかり。

 

何千年、何百年という歴史の中で変わっていないものがあるって神秘的。