日常に伝統がある暮らし

家での時間が好きだから、暮らしをワクワクさせてくれるもの、大事にしたいことを記録する。

子育てはいつだって不安。

私は育児に自信がない。

 

伝え方、怒り方、親子の関係性。

間違えていないかな?

そんなことを考えてしまうこともしばしば。

 

ゲームじゃないからね。やり直しがきかない人生だからこそ、育てることはすごくプレッシャーを感じる。

 

核家族になり、共働きで育児に関して相談する時間もない。

めまぐるしい毎日に振り回されてただがむしゃらに生きている。

 

でも、ときどき立ち止まって考えてみるの。

 

私、何しているんだろう・・・

今大切にしたいことは何だっけ。

この先どんな人生を描きたいの。

 

そんな毎日に不安を感じた時に、子供はお友達と喧嘩をしたり、癇癪をおこしたりする。

 

何か間違っていたのかな。

そんな答えの出ない不安を抱えてしまう。

 

でも、パパさんは興味なく「うん。うん。と聞くばかり」

相槌をするだけましなのかしら?

でも、どうしたら育児に対する不安を夫と共有できるのだろう。

 

私は1人で抱えきれなくなったとき、ドーンと爆発してしまう。

 

育児は不安で不安で不安で謎だらけ。

1人では怖いけど、2人、3人と楽しく育てられるならもっと賑やかになると思う。

そうすることによって、1人で抱える不安は減り楽しく育児ができるのかな。

 

そう考えると、大人数で子供を育てることは、母親にとっても子供にとってもいい環境だったのかもしれないな~と思う。