日常に伝統がある暮らし

家での時間が好きだから、暮らしをワクワクさせてくれるもの、大事にしたいことを記録する。

洗剤の発展はすごい。でも、洗いすぎ?

1日着た洋服はどれくらい汚れているの?

 

洗濯機のカビに悩まされてから、洗濯する意味や洗濯方法、洗濯の変遷などそんなことを考えた。

 

なんでこんなにも毎日洗浄力の強い洗剤で洗濯しているんだろう。 

 

洋服に油汚れがついたわけでもなく、泥だけにしたわけでもない。

1日の大半を室内で過ごしていたのなら、洋服の汚れは皮脂汚れと埃や花粉程度の汚れではないだろうか。

それなのに、強力な合成洗剤を使う必要はあるの?

 

洗濯ってなんだろう。

合成洗剤を使用する必要性は?

石鹸のメリット・デメリットは?

手洗いでは不十分?

 

合成洗剤や洗濯機を悪く言うわけではないけど、そこまで洗浄する必要はあるのかな?と疑問を持つ。

 

合成洗剤は洗浄力が高く、少ない水で素早く真っ白になる。そのかわり、生分解性が遅く毒性をもつ洗剤もあるんだって。

 

便利になって時間を手に入れた代わりに得たものはなんだろう。