日常に伝統がある暮らし

家での時間が好きだから、暮らしをワクワクさせてくれるもの、大事にしたいことを記録する。

月見団子をそなえて豊作を願う

暑いな~と思っていた夏はあっという間にすぎて、もう秋ですね。

空を見上げて月を見ましたか?

今日は中秋の名月で、綺麗な月でした。

 

なぜ十五夜なのか。

それは、昔は月の満ち欠けのサイクルで1カ月を数えていて、旧暦8月15日に見える月を十五夜って呼んでたんですって。

 

じゃあ中秋ってなに?

旧暦では7月~9月が秋なので、8月は秋の真ん中で中秋とのこと。

 

調べてみて、そういうことだったのね。と今更納得。

暦が変わっても、自然を楽しめる行事が残っているのはいいですよね。

携帯ばかり見つめている毎日でも、多くの人がふと空を眺めて、月が綺麗だなと感じたのかなと思うと、行事の素晴らしさを感じます。

 

明日はどんな形の月かな?なんて名前かな?

こんな風に月を見ながら子供とも遊べそう。